お気に入り」カテゴリーアーカイブ

おこぼれ姫と円卓の騎士 新王の婚姻 / 石田リンネ

2017年7月22日(土)

おこぼれ姫と円卓の騎士 新王の婚姻 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 新王の婚姻
石田リンネ
ビーズログ文庫
amazon

 

完結おつかれさまでした、素敵なシリーズでした!

終わっちゃったんだなあ……というのが読み終わって最初に浮かんだ気持ち。いつの間にか、少女小説で読んでいる唯一の長期シリーズになってしまっていたので、余計に寂しくなりました。最初から最後まで、レティが格好良くて素敵な物語だったと思います。感想は折りたたみで。

(さらに…)

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト / 永瀬さらさ

2016年12月25日(日)

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト<ドイツェン宮廷楽団譜> (角川ビーンズ文庫) ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト
永瀬さらさ
角川ビーンズ文庫
amazon

素晴らしいラブコメディ&ロマンスでした、こういうお話大好きです!

「精霊歌士と夢見る野菜」などを書かれている永瀬さんの今月の新作は、バイオリニストの女の子が主役のお話。良い評判が聞こえてきたので優先して読んだらスマッシュヒットでした! つい先日「ファンタジー要素薄めの楽しいロマンス好き」と書いたばかりで、またこういう作品に出会えて嬉しいです。

バイオリニストのミレアが指揮者のアルベルトと出会うところから物語は始まるんですが、溌剌として負けん気強そうなミレアの性格が好みで、最初から「このお話当たりかも!」と思わされました。性格悪いアルベルトとの掛け合いをはじめ、「聖夜の天使」への純真な憧れなど一挙一動がかわいくて楽しい。アルベルトに惹かれだしてからはさらにかわいい。

ヒーローのアルベルトがまた良いキャラクター。ミレアが憧れる「聖夜の天使」との関係性は割と早くから予想がついて、読者視点だとミレアの言動に振り回される様子に凄くニヤニヤできるんです。「聖夜の天使」にばかり気持ちを向けられたら、そりゃ苛立ちますよね。師匠がそんなアルベルトのことをいじったりするのも楽しい。
それでもミレアにとってのベストな結果を最優先するアルベルトの優しさは、ヒーローにふさわしい格好良さ。その優しさに時折ミレアが気づくことで生まれる甘い空気がまた良かったです。

そして、とても気に入ったのがクライマックスの場面。ミレアの行動力からはじまり、皆の暖かさに触れて、アルベルトを振り回した先に待っているのは素敵な音楽。音楽を通して体当たりして気持ちを伝えるミレアがロマンチックで凄い好きでした。「落ちたら受け止めてくれるでしょう?」が素晴らしかった!

他にポイント高かったのが、話運びや悪役の描き方。しっかりとした障害や困難として描かれながらも、ただの悪役で終わらないのが、意外性もあって個人的に「おおっ」と思わされました。悪役たちだけでなく、脇役たちも含めた想いの描き方がいいなあと思う物語でしたね。家族から名もない楽団のメンバーまでみんな良かった。

あと表紙デザインの2人がかわいい。いい意味でビーンズらしくない表紙だなと思いました。少しずつ多様化が進んでいるんでしょうか。

この1巻でも綺麗にまとまってはいますが、2人のラブコメ模様はこの先も楽しそうだし、レベッカ達など気になるサブキャラもいるので、続きが出ますように!

指輪の選んだ婚約者 / 茉雪ゆえ

2016年11月27日(日)

指輪の選んだ婚約者 (アイリスNEO) 指輪の選んだ婚約者
茉雪ゆえ
アイリスNEO
amazon

ニヤニヤたっぷりの良いロマンスでした!

なろう発のロマンス作品。なろうで読んでるときにかなり気に入っていたので、書籍化決まったときは喜びました。こういうファンタジー要素薄めの楽しいロマンス好きなのです。

勢いでいきなり婚約発表をしてしまった貴族の男女が、お互いの利益になるということでそのまま婚約の協力関係を結んで……、という始まりのお話なのですが、このカップルのゆっくりとした恋路がとても可愛くてニヤニヤできるんです。

ヒーローのフェリクスは実力を伴った美形騎士ですが、内実は不器用で女性も苦手というキャラ。そんな人間が、自分のことを特別視せずに、不器用なペースにも着いてきてくれるような女性と出会ったら……どうなるかは見えてますよね。といっても真面目で不器用なのでペースはゆっくりだし格好悪い姿も見せたりするんですが、決めてくるときはバシッとくるのが甘い!! 不器用人間の直球な褒め言葉つよい、転がります。

主人公のアウローラは、刺繍命の刺繍狂いで、それゆえにフェリクスにもそこまで関心なく、一緒にいても刺繍に心囚われることもしばしば。そんな彼女の心が少しずつ変わっていく様子がまた微笑ましくてニヤニヤ。刺繍好きの描写に力入っていて、本当に好きなんだなあということが分かるし、その上で心の変化をじっくり描いて、徐々にフェリクスが心を占めていく様子が自然に見えたのが良かったです。好きなものに目を輝かせて、いざというときの度胸や行動力もあって、読んでいて楽しい主人公でした。

苦労性のアウローラの兄上や女傑揃いのフェリクス家族など、サブキャラクター達も楽しさを増してくれます。フェリクスはこの家族と育ったら女性苦手になるのも納得。フェリクスの変化に大騒ぎするモブの騎士たちあたりも気に入ってます。長文喋っただけで驚愕されるフェリクス……。

最後は甘さたっぷりのロマンス、気持ちを自覚したアウローラの狼狽えようと暴走がかわいいし、率直な甘い台詞を連発するフェリクスの情熱にはゴロゴロ。良いカップルでした!