ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス / 中村やにお,F.E.A.R.

2016年10月16日(日)

ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス2 微笑むキミに会いたい<ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス> (富士見ドラゴンブック)ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス2  微笑むキミに会いたい
中村 やにお,F.E.A.R.
富士見ドラゴンブック
amazon

ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス 3 1秒でも長くキミといよう (富士見ドラゴンブック) ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・メビウス3  1秒でも長くキミといよう
中村 やにお,F.E.A.R.
富士見ドラゴンブック
amazon

リプレイという媒体の凄さを感じました!

ループをテーマにしたリプレイシリーズ。評判も良かったので、リプレイ好きとしてホイホイされていました。1巻はそこまで刺さらなかったので、2巻以降はしばらく積んでいたのですが、読んだら面白かったです。

リプレイって、プレイヤー達の動きで物語が想像以上のものになっていくのが魅力の1つなのですが、この作品は特にそれが見事でした。各プレイヤーが自分だけの秘密をもってプレイすることで、プレイヤー同士も予想つかなくなっていることがまず理由の1つ。「過去をやりなおせるかもしれない」という選択肢のおかげで、大きな悩みが産まれ、各キャラの想いや決断が映えるのが1つ。そして最後に、プレイヤーさん達のキャラへの理解度・シンクロ率がとても高いこと。ベテランプレイヤーさんだけでなく、紅とアンゼリカのダブルヒロインも120%で没入していたように思えます。

特に3巻の後半、紅とアンゼリカの想いのぶつかり合いが本当に凄かった。何も示し合わせず、相手がその場にいなかったのに、お互いを想って対照的な願いを抱くんですよ。これだけでも奇跡的なのに、その願いが真っ向からぶつかり合って、世界を救うか大切な人を救うかの問題に答えを出そうとする。溢れ出る涙、なんて痺れる展開。リプレイは数えるほどしか読んでませんが、これは普通の小説では味わえない面白さだし、リプレイ史上に残るんじゃないかなと思います。見開きのタイトルロゴも抜群のタイミングでした。

リプレイ特有の、ストーリーが始まる前や合間合間の笑える会話も、なかなか切れていました。有世さん、どんだけネタ振りまくんですか。なぜか仲間のためにきびだんごを買ったり、シリアスシーンで大仏のお面かぶったり、他にももう色々とおかしい。これだから公共の場でリプレイ迂闊に読めないんですよ! 噴き出すんですよ! なんという天然。こんな人がシリアスシーンでは惹きつけられるやり取りするから、リプレイって凄い。

そんなわけで、何年ぶりかに読むリプレイシリーズでしたが、読んでよかったです。また面白いリプレイがアンテナに引っかかったら読みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です