2017年読書まとめ(商業作品編)

2017年12月30日(土)

まとめ記事ばかりなサイトです、こんばんわ。

2017年の読了は55冊ほどでした。2年前は180冊くらいだったので酷い減り。一時期は読書メーターまで止まってました。悪い文明のソシャゲに加えて、脱出ゲームにもハマったのが影響してます。

減った分、読む本はいつもより厳選されてました。例年通り印象に残った作品を何作か。


天冥の標シリーズ (小川 一水/ハヤカワ文庫JA)

天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

長らく止まってしまっていて課題図書だった天冥、ようやく再開して最新刊まで追いつきました。外で読みづらい4巻が長らく壁でした。

絶対面白いだろうという安心感も積んでいた要因の1つなんですが、読み出すと想像以上の面白さ。よくもまあ、こんな壮大すぎる物語を広げて無茶苦茶にならないものです、構成が凄い。どの巻も面白いですが、6巻の空恐ろしさが鮮烈に印象に残っています。8巻以降で、年月の重みや変化を様々な形で見せてくるのにも痺れました。アケボシ……!

これでリアルタイムで物語の終わりを見届けられます。楽しみ。


おこぼれ姫シリーズ (石田 リンネ/ビーズログ文庫)

おこぼれ姫と円卓の騎士 新王の婚姻 (ビーズログ文庫)

祝・完結。仮花嫁が終わり、おこぼれ姫も終わって、一つの時代が終わった寂しさを感じています。

レティがいつでも格好良く、読み応えもあって毎回わくわくさせてくれる物語でした。次第に増えていく騎士たちとのやりとり(と後半の甘さ)も好きでした。小冊子も楽しく読みましたが、もう1冊くらい騎士たちの番外編を読んでみたい。

<今年の感想>
おこぼれ姫と円卓の騎士 新王の婚姻


指輪の選んだ婚約者シリーズ (茉雪 ゆえ/アイリスNEO)

指輪の選んだ婚約者: 2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭 (アイリスNEO) 指輪の選んだ婚約者: 3 花嫁修業と騎士の最愛 (アイリスNEO)

最近の少女小説で新刊が一、二を争うくらいに楽しみな作品。恋が人を変える様子を色んな物語で見てきましたが、ここまで変わったのは初めて見たかも。と思うくらいにヒーローのフェリクスのビフォーアフターが凄いのです。

最新の3巻では、当初の不器用な女性苦手だった彼は消え去り、隙あれば2人だけの空間を築く恐ろしいダダ甘モンスターがいました。ごちそうさまですの気持ちが溢れかえります。

アウローラの刺繍馬鹿っぷりが負けず劣らずに凄いのが、甘さで胃もたれしないポイントなんだろうなあと思います。刺繍←アウローラ⇔フェリクス の三角関係と、それを生暖かく見守る人々がとても楽しい。刺繍に大真面目に嫉妬するヒーローは、後にも先にもこのお話でしか読めないと思います。甘い作品を読みたい日にお勧め。


京都寺町三条のホームズシリーズ (望月 麻衣/双葉文庫)

京都寺町三条のホームズ (双葉文庫)

上半期のまとめでも触れた、今年一気読みしたシリーズ。最初はスマートだったのが色ボケしていくホームズさんの姿が楽しい。あれ、上でも似たような作品に触れたような……?(好みが露骨に出る並び) あと、お調子者だけど憎めない秋人さんがお気に入りです。ホームズさんの友達はこういう良い意味で鈍いキャラじゃないとやっていけないでしょうね。

京都に行く楽しさを再発見させてくれたでも作品でもあります、今年は2回行きましたし、多分来年も行きます。名所とスイーツと謎解きが私を待っているのです。


BANANA FISH (吉田 秋生 / フラワーコミックス)

Banana fish (1) (小学館文庫)

小説ではないですが。Twitterで何名か沼に沈んでいく光景を見かけて、ちょっと近づいてみたら沼でした。(予定調和) いや、登場人物の女子率低そうだしそんなにハマらないと思ってたんですよ……。

なんといってもアッシュが魅力的でした。卑怯なやり口で仕掛けてくる敵に対して、知恵と力で仲間たちと戦っていく少年漫画的な格好良さに加えて、孤独で危ういところもあって、どうなっていくのか目を離せませんでした。2日ほどで19巻一気読みでした、休日に手をつけてよかった。アッシュ以外だとマックスとブランカが好きです、大人たちも格好いい。


ファタモルガーナの館 (ノベルタクル)

ファタモルガーナの館 -COLLECTED EDITION- - PS Vita

書籍ですらないですが、この傑作は外せないです。大体は上半期のまとめで語ったので、一言だけ。ヤコポに幸あれ!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です