レディ・マリアーヌの婚約 / 宇津田晴

2016年10月22日(土)

レディ・マリアーヌの婚約3 (ルルル文庫) レディ・マリアーヌの婚約
宇津田晴
ルルル文庫
amazon

またマリアーヌに出会えて嬉しかった!

まさかの5年ぶりのレディ・マリアーヌ新作。当時は期待のシリーズの2巻打ち切りを目にして、多くの読者が涙したものですが、今になって出るとは。たとえ功労者への最後のご祝儀であっても、出してくれたルルルさんにも書かれた宇津田さんにもありがとうございますと言いたい。

中身はいつもの宇津田さん作品の甘さ。両想いからのスタートの分だけ、普段よりも甘かったですね。マリアーヌはまあ普通に映るんですけども、ロベルトはがんがん甘い言葉吐きすぎです。レディ呼びが甘い甘い。両想いなのでお話の盛り上がりは少なめでしたが、幸せそうなマリアーヌが見れただけで満足です。

そんな中で美味しいところ持っていったのはカイル。従者ポジションの強みを存分に発揮してましたね。一番の座もキープできて、カイル大勝利でしょう。カイルも前作から応援したいキャラだったのでこういう結末迎えられて良かった。
裏切ったフリのシーンは本当は「えーっ!?」と叫ぶところなんでしょうが、宇津田さん作品でそんな裏切りが発生するわけないので、はい二重スパイですねと思って読んでました。モーリスさんおつかれさまでした。

あとがきの最後のかしこまった文章、ルルル廃刊のことを踏まえると、最後のご挨拶ですよねこれ……。宇津田さん作品の安心の甘さはルルルのレーベルととても合っていただけに、今後の宇津田さんがどうされるか気になります。どこかでまたお目にかかれますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です