Babel II 剣の王と崩れゆく言葉 / 古宮九時

2016年11月20日(日)

BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫) Babel II 剣の王と崩れゆく言葉
古宮九時
電撃文庫
amazon

皆さん買いましょう読みましょう!!(ダイマ)

Web小説で大好きなシリーズの書籍化、第2巻。タイトルの通り、言語が一つのテーマなのですが、舞台を魔法大国ファルサスに移したこの巻は、その言語の謎にズバッと踏み込むのが、他の異世界物にはないアプローチで、初読時は相当に衝撃的でした。また、異質を排除しようとする王に対し、言葉と意志だけで対峙する雫は書籍になっても健在で、その姿が眩しくて尊くて大好きです。そうした真面目さだけでなく、打てば響くコミカルなやりとりに笑えるシーンも多くて、本当に面白いシリーズだと再確認。

次巻以降どうなるかは売上次第との悲報が届いてしまいましたが、ここで終わってしまうのはあまりにも勿体無い……! ここから先、もっともっとワクワクさせられるし、胸打たれるんです。残虐な姫とのガチンコ勝負を読みたいんです、キングオブ不憫な魔法士を見たいんです、雫の旅路を最後まで見届けたいんです。皆さん買いましょう読みましょう!(繰り返しダイレクトマーケティング)

以下はまず、この2巻までの内容ネタバレ込みでの感想です。

なんといっても前半のハイライトは雫の飛び降りシーン。唐突に異質ゆえの死を突きつけられ、そこで逃げずに対峙する。力をもたない少女は言葉を振るい、人であるために文字通り命を賭ける。どんなに無謀であっても、その姿は自分には尊く映りましたし、その意志が大好きです。

その後の雫の適応力も凄いですよね、死をかけた相手とのコミカルな掛け合い。まあ大体ラルスが原因ですね。ターキスはあんなに漂白されたというのに、このサド王ときたら……。でも、この雫と王様の全力で愉快なやりとりも好きです、負けず嫌いな雫が素敵。

エリクの悔恨は、どう考えても防ぐのは難しかったのに責任を背負い込んでしまっているのがとてもやるせなくて、それだけに雫がその悔恨を跳ね除けてくれて良かったなと。特に、雫が精神魔法で操られる場面、雫の意志とエリクの想いが加筆されていたのがとても良かったです。エリクが救われたのがはっきりと分かりますし、雫を助け守ろうという意志が格好いい。1巻といい、エリクのヒーロー度がアップしてますねやはり。

生得言語は、初読の時はかなり衝撃でした。そういう世界なのか! という驚きと、たまにある会話の違和感はこれか!! との合わせ技。さらには雫の言葉の問題まで踏み込む。異世界物にあるお約束・常識を根底から覆されるのにはゾクゾクしました。「崩れゆく言葉」というサブタイトルがまたいいですね。そこから一気に最後まで、いい引きです。続きを!

ここからはWebでのシリーズネタバレもありの感想。シリーズ既読者以外はご注意ください。ブログ化したので、初めて折りたたみが使えます……!

1エピソード消えたことで、逸脱者の2人の出番が増えてましたね。いきなり迷子なうっかりリースヒェンかわいい。こうして記憶取り戻した後に「あああああ!」ってなる材料が量産されていそう。オスカーも出番増えて、対オスカーでの伏線がはっきりしたものになりましたね、アカーシアにもオスカーにも怯えまくり。これだと勘がいい人は、この巻で雫の秘密まである程度察せるんでしょうか。自分なら無理ですが!

ハーヴ童顔!! もう少し苦労性な顔に変換されていたので衝撃でした! 貴重な常識人ですね、ほんと癒やされます。 王様は格好よすぎてずるい。レウティシアは美人かわいい、甘いものは正義。

メアがご主人様呼びになりましたね、個人的にはマスターに馴染んちゃってるせいで違和感が少しあるんですが、でも出番増量でかわいさ増してました。「おやくそくします」ずるい、そりゃ顔も緩みます。祝祭のシーンもかわいい。

最後はニケこんにちわ、act2での出番おめでとう! 第一印象って大事ですよね、貧相とか言っちゃって墓穴掘っちゃってますよね……。脅しでさらに印象が悪くなってしまって……いや大して変わらないですか。

あとがきは悲報ですが、まだ望みがある分だけ良かった。なんとかact4まで書籍で読みたいんです。act3の姫と雫のやりとりが大好きだし、ニケの不憫も大好きだし、何よりact4の雫が大好きなんです。宣伝も結構力入ってましたし、やれることはやって、希望をもって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です