2016年読書まとめ(オンライン小説編)

2016年12月31日(土)

今年もオンノベをたくさん読みました。ランキングなどから新作を探しつつ、連載を日々読む日々。読む連載が増えるにつれ、商業作品の読書量は減っていくのでした。いや、それだけが原因じゃないですが。

今年のお気に入りを5作ほど。半分以上は書籍化作品になっちゃいましたが、面白いから書籍化されるわけで仕方ないです。


女王の化粧師
Barocco / 千 花鶏 さん)

ここ何年か、続きが一番楽しみなオンライン小説の座を不動のものにしているシリーズ。今年は2幕終了までたっぷり読めて幸せでした。
何年か前に紹介記事書いてるので基本はそちらに譲るとして、素晴らしいロマンスと素晴らしい主従の両方に出会える物語です。世間知らずだったのが成長して名君になっていくお姫様って素敵ですよね。
最新の2幕では周辺の国々も登場して大きな話が持ち上がってきて、ますます物語の行末が楽しみになりました。

ちょうど2幕が終わって小休止中、読むなら今ですよ今! 特に少女小説ファンタジー読みの皆様には全力でオススメしたい所存。なろうさんカクヨムさんにも最新分まで転載されるようなので、なろう派の方も是非。


リライト・ライト・ラスト・トライ
小説家になろう / はな さん)

今年出会った中では一番お気に入りのお話。異世界転移をした少女が、毎回死んでしまう護衛の青年を救うためにやり直しを続けた、その最後の1回を描く物語。この舞台設定だけでもう美味しすぎます。主人公の目的は青年を救うことですが、今の青年には当然それまでの思い出がないわけで、伝えられない想いが切ない。

と、設定だけ見るとかなりシリアスですが、主人公が結構いい性格をしていて、コミカルなシーンも結構多め。2人の視点が数話毎に入れ替わって、それぞれの視点だと意外な発見もあったりして楽しいです。特に護衛のトウイの視点だと、主人公が色々無茶をして危なっかしいのにハラハラして振り回されたり、理不尽な攻撃(嫉妬)を何故か受けたりを見るのが愉快。
2人の気持ちが近づく一方で不穏さも増してきていて、幸せになれるのかドキドキさせられる物語です。


本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~
小説家になろう / 香月 美夜 さん)

言わずと知れた大長編。平日のお昼時、そろそろ更新されてないかチェックしてはガッカリという状況、本好き読者なら何度も味わっているはず。
コミカライズが展開されたりファンブックが出たりもして、知名度がぐんぐん上がった年だったなあという気がします。

完結が近づいてきてるのが分かって寂しいですが、マインさんのハチャメチャな活躍は相変わらずで楽しいです。どう着地させるのかが楽しみ。


自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う
小説家になろう / 昼熊 さん)

毎日12時に更新される、お昼時の楽しみだった物語。自動販売機に転生した主人公が色んな自販機に変化して冒険していくのが面白いです。戦闘シーンに登場するだけでも本当に多種多様なのが凄い。他の登場人物たちも個性豊か、自販機のハッコンを慕うラッミスかわいいです。

この作者さんの作品は、他作品も畑への転生など一癖二癖あって面白くて、今年出会ってかなり読みました。


その無限の先へ
小説家になろう / 二ツ樹五輪(*´∀`*) さん)

異世界転移した主人公が、仲間と共にダンジョンを攻略していくファンタジー。書籍版の感想でも書いてますが、先に進もうとする人の意志や、それが影響して伝わっていく描写が好きなのです。
限界スレスレまで追い込まれて燃える戦闘や試練、コミカルな掛け合いの楽しさ、主人公の前世をはじめとした謎の多さ、など他の見所もたっぷり。

ちょうど連載が盛り上がってきたところで、書籍版の先行きが不穏。続きますように……!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です