(書籍感想)女王の化粧師3 / 千花鶏

2021年8月15日(日)


 女王の化粧師3
 千花鶏
 ビーズログ文庫
 【amazon

3巻も最高に面白かったです、何とか4巻を!

待望の女王3巻、刊行おめでとう&ありがとうございます! こうして続きを書籍で読むことができて本当に嬉しいです。しかも、ウェブ版と比べてエピソード追加&流れもよりスムーズになり、さらに面白くなっていました。途中、比較しながら読んだりしたんですが、細かい表現や伏線まで物凄く手が入っているんですよ。2巻のときも思いましたが、改稿がプロの所業です。

3巻の良かったポイントは山程あるんですが、まず1つ挙げるなら新規エピソードの夜会開催。マリアージュ様が1巻の頃からめざましい成長を遂げていて、次は何を見せてくれるのか、一挙一動にワクワクさせられます。夜会での堂々とした姿には女王らしい風格も出てきていて、「先日作った紹介スライドでマリアージュ様の素敵さをもっと推しとくべきだった!」と少し後悔したほどでした、ページ数が足りなかったんです……。

あとは単純に夜会のコンセプト自体も面白いものでしたし、何より夜会に向けて皆で慌ただしく過ごす女王選の日々が楽しかった。バラバラだった1巻からここまできたんだなあとか、色々な感慨が押し寄せました。

2巻で変化したダイとヒースの関係の甘さも見所。名前呼びですら甘いんだから、それ以上のシーンは当然もっと甘いわけで。治療のために触れるだけでも感情が込められていて色気がすごいですし、本気で触りにきたときは色気倍増。これはダイの感情が翻弄されるのも仕方ないですねこれは、本当にずるいおとこだ。個人的には、ダイのいないところでヒースが見せる笑顔が刺さりました。このヒース、他の人の前でも感情ダダ漏れにしている……! 

後半のエピソードは、何度読んでも胸が苦しくなります。どうすればよかったのかとifを考えたくなりますけど、性格や背景を踏まえると、分岐はほとんどなくて割と必然だった気もするんですよね……。ただただ悲しい。

さて、無事3巻まできましたが、ここまできたら4巻まで何としても出してほしいですよね! 序幕終わりまで刊行できれば後はクチコミで人気が広がってくれるから勝ちだと、書籍化が決まった当時からずっと思っています。序幕をはじめて読了したときの感想を久々に読み返したら、こんなことを書いていました。

後半盛り上がって一つの話として面白く、でも読み終わるとこれはこの上ない序幕なのだと分かります。終章の素晴らしい幕引きに、この先何が待っているのか、期待で胸が震えました。

初読から10年余り、このときの期待を裏切らない物語が読めて幸せです。1人でも多くの人にこの気持ちを味わってほしいし、書籍版でさらに素晴らしくなった序幕を見たい。その思いで紹介スライドも作りました。読者が増えて4巻が刊行されることを願っていますし、これからも出来る限りのことはしたいです。

さて、ここからはウェブ版での比較も踏まえながらの感想です。ウェブ版のこの先の展開についての言及も混じるので、ウェブ版読者のみご覧ください。


この3巻、とにかくマリアージュ様が本当に素敵で。書籍版のマリアージュ様は1-2巻でより成長してきたわけですが、その違いが3巻のあちこちで表れていて、マリアージュ様が花開いていくのにワクワクしながら読んでました。ウェブ版のマリアージュ様だったら、いくらダイとヒースが誘導しても、まず最初のガートルード家のお誘いで癇癪全開になっていると思うんですよ。それが机バンバンで済んでいる、凄い。ついでにこのマリアージュ様かわいいし息があったダイとヒースもかわいい。

個人的にこの巻で一番刺さったシーンもマリアージュ様絡みで。夜会の余興を提案したシーン、マリアージュ様が発言した時点で化粧に対する想いが伝わってきて、それがダイに対してどれだけ響くかも分かったので、そこで胸が一杯になって。その後にダイの発言が続かないのは完全に解釈一致でしたし、感極まったダイにグッときて、マリアージュ様の「力を貸して」でまた胸が一杯に。ああ、主従の間により強い絆が…! 

他にはヒースに対するマリアージュ様の気持ちが明示化されているのも「おっ」となりましたね。信頼が増している分、この後のダメージも増すやつですねこれ……! ここでのヒースへの信頼が後のダダンに対する反応の変化に表れたりもしていて(ここで怒るマリアージュ様最高)、全てが有機的につながってマリアージュ様がより素敵になっているのが分かって、この巻のマリアージュ様は特にウェブ版以上に大好きです。

主人公カップルには大きな変化はなかったですけれど、この頃の甘さには安心してドキドキできます。読者目線でもダイが急速に可愛くなっているんだから、ヒースの手が伸びてしまうのも仕方ないです。仲違いの元凶のシーンで「なれない」「なんなんですか、これぇ」あたりの印象的な台詞がそのままだったのも嬉しかったところ、このシーンは甘さの熱がすごい。

夜会準備をはじめとする女王選の日々の加筆については、声を大にしてありがとうと言いたいです。ウェブ既読の人で、この頃の日々が嫌いな人なんていませんよね? 女王選での3人揃っての描写大好きです、短編がない分、本編で増量されていて嬉しい。このキラキラしている日々を早く取り戻せますように。

伏線やファンサービスが増量しているのは、既読組としては嬉しかったですねえ。冒頭からゲスト出演がありましたし、「裏切りの帝国」とはっきり単語として挙がっているのにもにんまり。アルヴィーの上塗りや、マリアージュ様の女王選に対する疑問符なども、今後の伏線的な意図もありますよね。「鳥飛んでる」シーンも増えてましたが、それでも初読時に鳥に気づける自信は全くないですね……。ヒースの意味深な伏線もありますし、勘のいい人なら怪しめそうですけれど。

細部に触れるとキリがないのでこの辺で。4巻が刊行されなかったら少女小説界の損失だと思いますし、みんなで応援しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です