謹賀新年2022

2022年1月2日(日)

あけましておめでとうございます。長らく低空飛行な本サイトですが、昨年末に海外生活を終え日本に帰ってきましたので、今年は少しはペースが上がる気がします(という希望的観測)。本年もよろしくお願いいたします。

例年なら年間まとめ記事を書いているのですが、更新記事2つで何をまとめるんだ、と思ってしまったので、昨年の簡単な振り返りだけすることにします。

・女王の化粧師3巻発売

はい、昨年も女王新刊が出て大変良い年でしたね! 「マリアージュ様パワーアップリメイク版」と言ってもいいくらいにマリアージュ様の格好良さ増し増しの書籍版を堪能できました。SNSでの言及も巻を追うごとに増えている気がしますし、この調子で今年は4巻が出ますように!

そうそう、昨年に購入したBookWalkerのギフトが残っているので、女王に興味があるけれど読んでない方がいらっしゃいましたら、電子書籍1-3巻セットをプレゼントします。特に条件はありませんが、読了後にSNSで感想を呟いてくれると喜びます。希望される方はコメント欄かtwitterでご連絡ください。

・Unnamed Memory & Babelの書籍版、完結

両作とも無事最後まで刊行されて本当によかったです。特に文庫版のときのBabel打ち切り事件は大変ショックだったので、今回は最後の雫の選択まで読むことができて感無量。Babelは最終章が一番大好きで読み返しているんですが、今回も雫の覚悟の美しさやエリクの必死さに泣かされました。

・死にプロ書籍化

昨年のまとめ記事で絶賛した「死に戻りの魔法学校生活を、元恋人とプロローグから」が書籍化されました、めでたい。凄いなと思うのは、観測している範囲で、死にプロを読んだ少女小説読みの全員が絶賛していたこと。ここまで皆が絶賛で揃う様子はちょっと見た記憶がないです。それくらい、死にプロには少女小説読みが求めるものが詰まっているのだと思います。

2巻の音沙汰がなくて少し心配ですが、コミカライズも発表されましたし大丈夫でしょう多分。あの1巻の引きで万が一にでも打切りになったら、この出版社の本を2度と買わないと思います。

・ウマ娘ブーム

昨年はウマ娘に時間を持ってかれました。過去の名馬をベースにした上質な物語がいくつも読めるゲームが、競馬ファン&ラノベ読みにぶっ刺さらないわけがないんです。さらにメジャーゲームなだけあって、2次創作も面白いものが大量に供給されて、ハーメルンで色々と読んでました。去年はなろうよりもハーメルンで読んだ文章量の方が多分多かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です